デュポンについて

デュポンは、日本では高級ライターでその名を知っている人は多いと思いますが、世界的に見た場合、総合化学メーカーで有名です。そのデュポンは、新たな農業ソリューションカンパニーとして、今までの農業分野の事業を分社化しています。日本では、昨年2016年にデュポン・プロダクション・アグリサイエンス株式会社を設立し、積極的に農業ソリューションに取り組んでいく姿勢を見せています。この企業の基本姿勢は、全世界的に直面するであろう、大きな課題に向けて、「共創(きょうそう)」によって科学的かつ革新的なソリューションを生み出すことを標榜しています。

農業分野においては、農作物種子の改良により収穫量の増加や、害虫駆除法、病害予防のソリューションを発見して、農産物の収穫量の増大と品質の向上に努めています。デュポンの農業ソリューションには長年世界的に培われた、ありとあらゆる知見を総合的に見つめ直すことで、新たな方向性や成果物を作り出していることにその特徴を見つけることが出来ます。日本は南北に長く、季節を初め気温・湿度が大きく異なることから、世界のあらゆる地域で活動してきたデュポンにとっては、どの地域でも対応できる能力があるということです。