今後の農業ソリューション

モンサント、デュポン2大企業の全世界的な農業ソリューションの潮流は、世界食糧事情の緊迫した事情によるものが大きく、食糧自給率が先進国の中でも最低に近いレベルにある日本において、喫緊の課題を解決してくれる企業になります。日本にもそうした企業は多くありますが、全世界的な規模で、長年実践してきた知識や技術、それにノウハウは非常に高いレベルのものを持っています。そうした企業の持てる力を、今こそ日本でも利用しない手はありません。他に取り上げられている情報通信関連企業による農業ソリューションは、いわば亜流になります。農業の王道は、やはり種子から生育し収穫に至るまでの営農者の姿勢によるものが大多数を占めます。

そうした営農者個人ごとに向き合うことで、よりその営農者に合致した農業ソリューションが提案でき実践に則した内容になります。今後日本国内だけでは立枯れてしまうような行政政策や世界情勢に負けないためにも、いまこそグローバル的な視野に立った農業を行うべきです。そうした意味でも、モンサントやデュポンといった海外総合企業を活用し、国内での生き残りを掛けた営農を実践するべきです。この両法人とも日本に会社を設立し、グローバルな視点からの取り組みを導入しており、私たち日本人の今後の農業ソリューションに一役も二役も果たすことが期待できます。